読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲むソーヤの冒険

お酒と旅と日常と

キリスト教の礼拝のいま

f:id:soyamuramoto:20161021175156j:plain

こんばんは!

この看板は僕の母校のキャンパスに立てられていて、たまたまTwitterを見ていたら見つけたものなのですが

よく見るとなんかおかしいんです。

最下部10月21日、まさに今日の礼拝タイトルが「イエスぱねえ マジ神すぎてワロタww」なんです。

なんていうか、とりあえず好奇心が掻き立てられるタイトルですね!

このタイトルがネットでは話題になっていて、この日の礼拝はなんと2階席まで満席の立ち見まで出るほどの大盛況ぶりだったそうです。

国民の半数以上が無宗教の日本という国で、ミッションスクールとして数少ないキリスト教が身近にある学校で育った僕は、最近宗教のことを聞かれると「どちらかと言うとクリスチャン」と答えています。

ですが、日頃から礼拝に行っているわけでもなく、お祈りの作法も詳しくは知りません。そんな僕でもこのタイトルには惹かれて、礼拝に行ってみようかなーとか思うので、まさに現代日本の特に若者には適したタイトルだと思います。実際に人もたくさん集まっていたようですし!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログのランキングに参加していて、一日一度のクリックで順位が上がるので、是非ポチッとバナーを押してください(*^^)v


最近は宗教も近代化に伴って変化しつつあるそうで

soyamuramoto.hatenablog.com

先日オルジャス達と初めて入ったモスクで、イスラム教のお祈りをしました。

ムスリムの女性の服装として最も印象的なのは、ヒジャブ(スカーフのような布)でしょう。

これで頭と顔を覆っている女性を思い浮かべると思いますが、最近ではこのヒジャブも大分鮮やかな色が出来たり、装飾品が付いていたりと多様化し始めているそうです。

このように、宗教も時代の流れによって変化してきていて、親しみやすいものになってきたのではないでしょうか。

どちらかと言うとクリスチャンの僕が言うのも何ですが、日本人ってクリスチャンはほとんど居ないのに、みんなクリスマスはしっかりとお祝いします。なので、もっとキリスト教に興味を持ってもいいんじゃないかなーとか思います。

いつも読んでいただいてありがとうございます!