飲むソーヤの冒険

お酒と旅と日常と

ブログの応援はここからお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村ブログランキングに登録しています!ランキングは毎日更新されるので、皆さんの1日1クリックの応援が僕の力になります!よろしくお願いします(*'▽')


下記リンクから買い物をしたり、バナーをクリックして頂けると僕にアフィリエイトの収入が入ります!

アフィリエイトで得た収入は、大切にこれからの旅に使わせていただきますので、クリックお願いします(^^♪

お買い物は是非こちらから、皆さんご存知のAmazonです!

Amazonにないものは楽天から!

スカイスキャナーは世界中のフライト情報の中から最適価格の飛行機を探せます!僕ももちろん愛用しています(^_-)-☆

トリバゴでは人気のホテルや旅館がそんな値段で!?というお得な値段で泊まれちゃいます!

TripAdvisorは世界中の宿と旅行をサポートしてくれる超便利なポータルサイト(^^♪

ワーホリ必見!?オーストラリアのリアルなお金事情

f:id:soyamuramoto:20170823172339j:plain

ども!

メルボルンでワーホリ中の旅人Soyaです!!!

そろそろ滞在して半年たつので、リアルなリアルなお金事情を少し紹介していきたいと思います!!

やっぱりどれくらいお金が必要かっていう質問は度々されるし、初めての海外生活には不安があるかと思うので、少しでも助けになれば幸いです(*‘▽’)

簡単に

  • 交通費

  • 家賃光熱費

  • 食費

  • 日用品

  • 通信費

  • 交際費

に分けて書いていきたいと思います(^_-)-☆

f:id:soyamuramoto:20170823172251j:plain

オーストラリア(メルボルン)の交通費

さて、まずは交通費ですがこれは多分オーストラリア国内でも場所によって違うと思うので、僕が住んでいるメルボルンだけを参考にあげさせてもらいます!

メルボルンではMykiという日本でいえばパスモみたいな電子カードが必ず必要で、電車で片道切符だけ買うとかいうこともできません!しかもカードを入手するにはデポジットが必要です。

なので、旅行者に不便だということで去年か一昨年くらいから、市内を走るトラムだけ一部区間無料で利用することが可能になりました(^^♪

日本の公共交通機関と大きく違う点は、「料金が一律」ということでしょうね!

最初にタッチしてから最後に降りるまで2時間以内なら4.2ドル

一日どこで乗っても降りても8.4ドルと区間設定はなく、しかも電車、トラム、バスのどれに乗っても同じ値段!!

厳密にいうと区間は分かれていて、市内を通るルートか市外を通るルートで、市外だけの利用はもう少し割安に設定されています。

そして、定期券も購入することが出来て、こちらはだいたい一週間に4日以上利用するならお得になる計算ですので、市外に住んでいる人は必携ですね(^^♪

ちょっと長々と書きましたが、そもそも↑の写真は自転車の画像なのは、僕はもっぱら自転車を使っているからです(笑)

メルボルンはかなり平らに続く道が多く、自転車はとても便利な交通手段の一つで、前述した交通費も一度自転車を購入してしまえば払う必要なくなりますからね!!

ちなみに自転車の価格は中古の最安値で80ドルから平均150ドルくらいだと思います!

日本でいうママチャリ的な自転車は見かけることはなく、基本的にロード仕様の自転車が多いですね(^_-)-☆

f:id:soyamuramoto:20170823172131j:plain

オーストラリアの家賃

家賃って正直どこの国でもピンキリだと思うのですが、一応参考までに載せておきますね!

僕が今住んでいるところは6人でシェアしている家で、部屋が4つにバストイレが3つ、共有の台所にリビングルームという感じです。

メルボルンの中心地から電車で15分、最寄り駅から歩いて10分ほどの閑静な住宅街に位置する家で、僕はパートナーと2人部屋に住んでいるのですが

これで家賃は二人で一週間300ドルです!!

分かりやすく一ヵ月の日本円に直すとだいたい10万円ちょいですね!

僕らはこの10万円に光熱費も入っていて、日本と比べててもそんなに変わらないのではないでしょうか!

もちろん、条件次第で家賃はどんどん変わるので、部屋が狭いとか、バストイレが共通とか、立地とかで全然変わってきます。

一番最初に住んでいた市内の立地がとてもよく、ホテルに併設されているので共有スペースがとても綺麗な部屋は、男性6人で寝室2つバストイレ1つのかなり窮屈な場所に住んでいました。

ちなみに僕はリビングにでーんと置いてある二段ベッドで寝ていました(笑)

このときは僕一人だったのですが、週に150ドル払っていて、今と一人当たりの料金は同じでしたねー

結論的に、僕が言えるのは自分が納得できる条件だったら、週に150くらいが僕の中での相場ってことですね!!

メルボルンで家探しをする際は参考にしてください!!!

f:id:soyamuramoto:20170823172226j:plain

最も気になる食費

食費は最も気になりますよねー

なんだか高いと言われがちなオーストラリアの物価で、食費は実際どれくらいするのか。

これも正直本人の匙加減一つなので、極貧生活もしつつ普通の生活も経験した僕が実体験だけで書いていきます!

メルボルン到着直後は本当にお金が無くて、家賃を支払うのが精一杯でした。

なので、仕事が見つかって働き始めて給料が出るまでの約1ヵ月間はかなりきりつめた生活をしていて、一日の食事がスーパーで買った2ドルのマフィンだけとか

シリアルとヨーグルトに具なしのパスタだけとか食べていたことがあります(笑)

この1ヵ月で実際に食費にあてたのは多分100ドルしてないと思います…

飲み水もジムやホテルに置いてあるウォーターサーバーから汲んでくるくらい、きりつめていたので(笑)

これは流石にひもじすぎるので、普通の食生活に移りますが

僕は基本的に外食はあまりせずに、家か仕事先でごはんを食べることが多いです(レストランだと賄いがもらえる)

自分で作る場合はスーパーで値下げ品を狙ったり、市場に行って安いものを買ってきたりするんですが

これがだいたい月に300ドル前後ですね(^^♪

思ったより安いかと思います!!!

ただ、ちょっと外食すると平気で1食20ドルとかするので気が抜けないですね(笑)

f:id:soyamuramoto:20170823172325j:plain

服類を含めた日用品

日用品ってとてもざっくりしてると思うんですけど

ここでは口にするもの以外で家に置いてある物としておきます。

僕は基本的に物欲がないので、自分で買った服や靴は半年滞在して合計わずか20ドルです(笑)

壊れるまで履き続けるし着続けるので!

この写真はH&Mの店内なんですが、H&MユニクロZARAなど日本でも普通にあるものが当然メルボルンにもあります。

値段は物によっては日本より安く、また高い場合もあり、おそらく製造ラインとか流行とか季節とかいろいろあるんでしょうね!

僕が20ドル使ったのは、ホームセンターのようなところで大量に売ってる激安の靴とか帽子で、靴は3ドルとかで買えました(笑)

洋服を含め、生活雑貨等は全体を平均してみると日本と比べると2割増しくらい?なイメージですね|д゚)

f:id:soyamuramoto:20170303140051j:plain

日本より安い通信費?!

えー結論からいうと日本よりもとっても安いです!!

soyamuramoto.hatenablog.com

詳しくは過去記事に書いてあるのでこちらご参照ください!!

f:id:soyamuramoto:20170403170136j:plain

友達と飲んで騒いで踊って

最後に交際費ですが、これもまちまちですねー

お酒は基本的に高いです。日本で飲むのと比べると1.5倍以上しますね|д゚)

カラオケやボーリングもあるんですが、こちらは日本の3倍~5倍ほどで、まったく行く気が起きません(笑)

なので、友達と遊ぶといってももっぱら景色のいい場所へ行ったりとか、カフェでお話したりとか、ごはん食べに行くのがメインになるかと思います(^^♪

景色がいい場所に行くのは交通費だけで済む場合が多いので、これがおすすめです!

カフェやごはんは、まぁ日本と大きく変わらない思っていただいていいと思います!

最後にまとめ

かなりざっくりした感じで書いていきましたが、結局いくらかかるのか!

全部月計算で書いていきます

  • 交通費100ドル

  • 家賃光熱費600ドル

  • 食費300ドル

  • 日用品50ドル

  • 通信費40ドル

  • 交際費200ドル

合計で1300ドル(日本円で10万円くらい)です!

いかがだったでしょうか?思ったより安い?思ったより高い?

人によってそれぞれだと思いますが、リアルに僕が一ヵ月にかけているお金はだいたいこれくらいです(^_-)-☆

これからワーホリでオーストラリアへ来る方は是非参考にしてみてください!!!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログのランキングに参加していて、一日一度のクリックで順位が上がるので、是非【旅行ブログ】ボタンをポチッとバナーを押してください(*^^)v


ブログの応援はここからお願いします! - 飲むソーヤの冒険

いつも読んでいただいてどうもありがとうございます!!!

オーストラリアの便利な銀行システム!

f:id:soyamuramoto:20170818125952j:plain

ども!メルボルンでワーホリ中の旅人Soyaです(^^♪

オーストラリアの銀行はこの記事で紹介した通り

soyamuramoto.hatenablog.com

コモンウェルス銀行を使っているのですが、最大手の銀行だけあって街中の至る所にATMが設置されています!

f:id:soyamuramoto:20170818125910j:plain

ここは僕が住んでいる場所から一番近くの銀行支店の中にあるATMで、オーストラリアの銀行は支店の中にあるATMでしか入金(デポジット)することができません|д゚)

これだけ見るとちょっと不便なのですが、入金すると即座に口座に反映されるのでそこはとても便利です(^_-)-☆

オーストラリアはカード社会が進んでいて、またネットバンキングもとても盛んで、友人同士での割り勘や家賃の支払いまで、全てネット経由のお金の送りあいをします。

なので、現金を使う機会は日本と比べるととても少ないので、余分なお金はすぐにATMに入れに行きます(^^♪

そのほうが安全ですしね!!

f:id:soyamuramoto:20170818125931j:plain

そして、僕が住んでいる地域はベトナム人の方が多いので、ATMの横には英語とベトナム語で書かれた説明文が!?

地区ごとに住んでいる人たちの人種が違うので、他にも中国系の人が多い地域では中国語で書かれた案内板があったりと、かなり親切な配慮がされています(*‘▽’)

日本語で書かれた案内は見たことないのですが、とても簡単な操作なので英語でも問題ないと思います!!!

もしオーストラリアに旅行で来た際に気を付けなければならないことは、日本のクレジットカードを使ってお金を引き出すことは可能なのですが、暗証番号を3回ほど間違えると、カードが機械に吸い込まれてしまいます( ゚Д゚)

防犯のためとは言え、旅行者にとっては非常にやっかいなシステムですね。。。

皆さんもオーストラリア旅行の際はお気を付けください!!!

でわ!!!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログのランキングに参加していて、一日一度のクリックで順位が上がるので、是非【旅行ブログ】ボタンをポチッとバナーを押してください(*^^)v


ブログの応援はここからお願いします! - 飲むソーヤの冒険

いつも読んでいただいてどうもありがとうございます!!!

オーストラリアで初参加のホームパーティー

f:id:soyamuramoto:20170813163821j:plain

ども!

メルボルンでワーホリ中の旅人 Soyaです!

昨日は知人に誘われて初めてホームパーティーへ行ってきました!!

少し広めな家を全部開放して、壮大な誕生日会をしていて、主役が数人居たらしいんですが、結局最後まで誰が主役だったのか分からず仕舞いでした笑

なぜなら、ぱっと見で50人以上の人が居たから!!

僕もそうなんですが、全然関係のない人も友達に誘われて来たりしていたので、たくさんの人が居たんですねー

しかも9割以上がオージー!!アジア系の人はほとんど居なかった!!

本当に映画で見たようなパーティーってあるんだなって実感した夜でした笑

とある部屋ではDJ機材があって、ダンスホールとかしていたり

バーのある部屋があったり、庭でみんなで焚き火したり

色々楽しい経験ができました!!

遊ぶのに夢中で全然写真撮ってなかったんで、上の写真で雰囲気察してください!!笑

でわ!!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログのランキングに参加していて、一日一度のクリックで順位が上がるので、是非【旅行ブログ】ボタンをポチッとバナーを押してください(*^^)v


ブログの応援はここからお願いします! - 飲むソーヤの冒険

いつも読んでいただいてどうもありがとうございます!!!