読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲むソーヤの冒険

お酒と旅と日常と

万国共通のホームパーティーゲーム

カザフスタンについて 沖縄編 リゾートバイト

f:id:soyamuramoto:20160918231912j:plain

こんばんは!

今日もオルジャス達の家へ遊びに行ったのですが、今日は一味違います。

そういえば僕はトランプのカードを常に持ち歩いているので、みんなで遊んでみました(*'▽')

日本でメジャーなトランプゲームといえば、「大富豪」ですよね。トランプで遊んだことある人ならできない人はなかなか居ないでしょう!そして、「七並べ」や「豚のしっぽ」などは有名どころでしょうか(^^♪

今日はせっかくなのでカザフスタンの遊び方を教えてもらいました。

ゲームの名前は「6」だそうです。

使うのは2~5までのカードを除いた、9種類36枚のカードで、これを決まったルールに従って消費していき、最終的に手持ちのカードを無くした人が勝ちという遊びです!

もちろん運要素も多少ありますが、かなり戦略的なゲームで長い時間遊ぶことができました(*^^)v

詳しいルールは難しいので詳細は省きます('Д')


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログのランキングに参加していて、一日一度のクリックで順位が上がるので、是非ポチッとバナーを押してください(*^^)v


その後にとても盛り上がったゲームが人狼ゲーム」です。

ここ数年で日本でも知名度がかなり上がってきたゲームで、世界的にもかなりメジャーなゲームの一つです。

参加者はとある村の住人を演じ、その中に紛れ込んだ夜な夜な人を食べてしまう人狼を探し出す、討論式のゲームです。

どうやらカザフスタンでは人狼ではなく、「犯罪者」を探し出すゲームで、台湾では日本と同じように人狼を探し出す遊びのようです!

ルールも基本的には同じで、細かい部分は地域差がもちろんありますが、みんなで楽しむことができました(*^^)v

日本語を使って遊ぶゲームに興じることができるって彼らの語学力はすごいですね|д゚)

気が付いたら朝陽が射し昇るころまで遊んでしまって、みんなで慌てて帰宅したりとても楽しい一日を過ごすことができました!

いつも読んでいただいてありがとうございます!